審美歯科・ホワイトニング

銀歯のない美しく健康なお口に

虫歯治療では、古くから金属の詰め物・被せ物、いわゆる「銀歯」が使われてきました。しかし銀歯は、お口の中で目立つうえに、近年では金属アレルギーの原因になることがわかり、問題視されるようになっています。港区南青山の歯医者「南青山アイリス歯科」の審美歯科では、銀歯をセラミックに取り替える審美歯科治療を提案しています。

セラミックをおすすめする理由

セラミックをおすすめする理由

セラミックを用いる審美歯科治療は、保険が適用されないため自費診療になります。保険診療の銀歯に比べて費用の負担は大きくなりますが、当院ではセラミックをおすすめしています。なぜなら、銀歯と比較し、セラミックには次のようなたくさんのメリットがあるからです。

MERIT1 MERIT2
自然な歯の白さや透明感に合わせることができ、どこを治療したのかわからない仕上がりになります。 銀歯などの歯科金属は、経年によって溶け出してイオン化し、体内に取り込まれると金属アレルギーの原因になることがあります。セラミックは、そのリスクがありません。
MERIT3 MERIT4
イオン化した金属は、歯ぐきを黒ずませてしまうことがあります。セラミックならその心配もありません。 銀歯は経年によって劣化するため、取り替える必要があります。それに対し、セラミックは耐久性があり劣化しにくいため、長期的に使用が可能です。
金属アレルギーとは

金属アレルギーとは

金属アレルギーとは、金属を身につけると肌が荒れたり、かぶれたりするなどの皮膚トラブルを引き起こす病気です。金属が直接触れている場所だけでなく、触れていないこところにも症状が出ることもあります。

その原因は、ネックレスやピアスなどの貴金属をイメージしがちですが、近年では銀歯などの歯科金属も当てはまることがわかってきました。実際に、銀歯をセラミックに取り替えたことで皮膚トラブルが改善されたという例も報告されています。

「歯科治療を受けた後に皮膚トラブルが増えた」「原因がわからないかぶれがある」という場合には、お口の中の銀歯が原因になっている可能性があります。まずは一度、当院までご相談ください。

審美歯科取り扱い素材

被せ物(クラウン)
ハイブリッドセラミッククラウン
ハイブリッドセラミッククラウン セラミックとレジン(歯科用プラスチック)をかけ合わせた素材による被せ物です。オールセラミックに比べて美しさや耐久性は劣りますが、適度な軟性を持つため、まわりの歯にダメージを与えにくい点がメリットです。
69,000円
ジルコニアクラウン
ジルコニアクラウン 人工ダイヤモンドにも使用されるセラミック素材、ジルコニアでつくられた被せ物です。軽く、生体親和性が高い点がメリットですが、美しさや耐久性はオールセラミックより劣ります。
139,000円
オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウン セラミックだけを素材としてつくられた被せ物です。かつては強度を出すために、内側のフレームを金属で作製していましたが、金属と同等の強度を持つセラミックが開発されたことで、この被せ物がつくられるようになりました。
159,000円
土台(コア)
ファイバーコア
ファイバーコア グラスファイバーを用いてつくられた被せ物の土台です。象牙質に似た弾性を持つため歯根破折を起こしにくいうえ、従来の金属の土台が持っていた、金属アレルギーや歯ぐきを変色させるリスクを排除することができます。また白いため、被せ物の透明感を損なわない点もメリットです。
19,800円
詰め物(インレー)
ゴールドインレー
ゴールドインレー 丈夫なうえにやわらかく、適合がよい金合金でつくられた詰め物です。錆びにくいために、保険治療の歯科金属の溶け出しによる、虫歯の再発や歯ぐきの変色、金属アレルギーといったリスクを解消することができます。
49,000円~
ハイブリッドセラミックインレー
ハイブリッドセラミックインレー セラミックとレジン(歯科用プラスチック)をかけ合わせた素材による詰め物です。オールセラミックに比べて美しさや耐久性は劣りますが、適度な軟性を持つため、まわりの歯にダメージを与えにくい点がメリットです。
49,000円
セラミックインレー
セラミックインレー セラミックでつくられた詰め物です。残っている歯になじみやすい色調のため、歯と詰め物の境目もほとんどわからない自然な仕上がりになります。
79,000円
そのほか
ラミネートベニア
ラミネートベニア 歯の表面を薄く削り、その上にセラミック製の薄い板を貼り付けて、軽度の歯並びや咬み合わせの乱れを整える治療です。すきっ歯の方や、ホワイトニングでも白くならなかった歯にもおすすめです。
139,000円

※金額はすべて税抜価格です
※金額は基本的な金額となります。症状などによって変更があることをご了承ください
※上記は代表的な素材です。それ以外のものも取り扱っておりますのでおたずねください

黄ばんだ歯を白くきれいに ~ホワイトニング~

ホワイトニングとクリーニングの違いについて

ホワイトニングとクリーニングを同じものだと思われている方も少なくありません。しかしこの2つは別ものだといえます。

ホワイトニング
ホワイトニング
クリーニング
クリーニング
身体に安全な薬剤を歯の表面に塗布し、歯に浸透させて白くしていく処置です。年々黄ばんでいく歯の色自体を白くすることができます。 ブラッシングでは落とし切れないプラーク(歯垢)や歯石を、歯科医院で専用の器具を使って取り除く専門的なクリーニングのこと。軽度の着色汚れを落とすことができ、自然な歯の色を取り戻すことができます。ただし、歯の色を白くすることはできません。
黄ばみの原因
原因1
加齢
加齢により、歯の表面のエナメル質は徐々に薄くなります。もともと黄色身を帯びている内側の象牙質がすけて見えることで、歯が黄ばんだように見えます。
原因2
飲食物の色素
コーヒー・紅茶・赤ワイン・カレーなど、色の濃い飲食物に含まれている色素が、歯を徐々に黄ばませていきます。
原因3
喫煙
タバコのヤニは歯にべっとりと貼りつきます。そして徐々に歯を黄ばませていきます。
原因4
虫歯
虫歯になると歯は黄ばみ、さらに悪化すると黒ずんでいきます。また重度の虫歯に対して行う根管治療で神経を取り除いた歯も変色します。
原因5
抗生物質
過去にテトラサイクリンという抗生物質を服用していた方は、歯が変色することがあります。妊娠中に服用した場合には、胎児の歯が黄ばむこともあります。
南青山アイリス歯科のホワイトニングメニュー

当院では、3つのホワイトニングメニューをご用意しています。一人ひとりの歯の色の状態やご希望に合ったものをご提案しますので、お好きなものをお選びください。

  オフィスホワイトニング ホームホワイトニング デュアルホワイトニング
  オフィスホワイトニング ホームホワイトニング デュアルホワイトニング
特徴 歯科医院で行うホワイトニングです。歯の表面に高濃度の薬剤を塗布し、特殊な光をあてて歯を白くしていきます。

おもに2~3回の処置で、理想の白さになります。
ご自宅で行うホワイトニングです。歯科医院で歯型を採ってつくったマウスピースに低濃度の薬剤を入れ、毎日一定時間装着して歯を白くしていきます。

約4~6週間程度で効果を得られます。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。まずオフィスホワイトニングで歯を一気に白くし、その後ホームホワイトニングで白さを安定させます。
メリット
  • 効果が現れるのが早い。
  • 自分で行う手間が不要。
  • 白さが長続きしやすい。
  • 通院しなくていい。
  • マイペースで行える。
  • 高い効果をホームホワイトニングより短い期間で得られる。
  • 白さの後戻りがしにくい。
デメリット
  • 色の後戻りが早い。
  • 知覚過敏が起こることがある。
  • 効果が現れるのに日数が必要。
  • 自分で行う手間がかかる。
  • 比較的費用が高額になる。
ポリリン酸Ptホワイトニングのメリット

ポリリン酸Ptホワイトニングのメリット

当院では、より安全で確かな施術を行うため「ポリリン酸Ptホワイトニング」を採用しています。あらゆる生体内に存在している成分「分割ポリリン酸」を使用しているので、従来のホワイトニングよりも沁みにくく痛みもほとんどありません。天然歯のような白さに仕上げることができ、着色防止効果・ステイン除去効果もあるため1回の施術で効果を実感できる方がほとんどです。

メリット1 従来のホワイトニングと違い、ポリリン酸は歯をコーティングするので歯を強くし、虫歯や歯周病の抑制に効果がある
メリット2 ホワイトニング施術当日の飲食に制限がないので、コーヒー・紅茶・ワイン・カレーなども飲食が可能。
メリット3 従来のホワイトニングと比べ知覚過敏などのリスクが低く、しみたり痛みが出たりすることが少ない
メリット4 1回あたりのコストを抑えることができ、また施術効果を1回で実感できる方が多い

保険治療と自費治療の違いについて

南青山アイリス歯科の診療のご予約はこちら