予防歯科

健康な歯を守るには「予防」が大切

従来、「虫歯や歯周病になったら治療する」というのが当たり前とされてきました。しかし実は、これは間違っているといえます。歯科先進国である欧米では、兼ねてから「虫歯や歯周病にならないように予防する」のが常識なのです。

「なってから」の治療では、歯や歯ぐきはダメージを避けられません。健康な歯を守るには、予防しかないのです。港区南青山の歯医者「南青山アイリス歯科」の予防歯科では、皆さんに予防の大切さをもっとお伝えすることで、大切な歯をお守りしたいと考えています。

定期検診が大切な理由

定期検診が大切な理由

虫歯・歯周病には、「初期に自覚症状がほとんどない」という共通点があります。そのため発症しても気づきにくく、知らないうちに進行してしまっているというケースが少なくありません。

そこで、定期検診が重要になります。定期検診では、医師によるお口の中のチェックに加え、専門的な予防処置を行います。自分では見えにくい部分まで専門家がチェックすることで、早期発見・早期治療が可能になるため、もし何か異変が起きていても簡単な治療で終えられるのです。

もちろん専門的なクリーニングなどを行うことで、発症自体も予防できます。お口の中の状態は日々変化するため、ひとり一人のお口の状態に合わせて3~6カ月に1回の割合でお越しいただくことをおすすめします。

予防処置は歯科衛生士におまかせください

予防処置は歯科衛生士におまかせください

予防の基本は毎日のご自宅でのブラッシングですが、これだけではどうしてもお口の中に汚れが残ってしまいます。そこで、歯科医院で専門的な予防処置を受けることが必要になるのです。

当院では予防処置を、口腔衛生の専門家である歯科衛生士が行います。ひとり一人の患者さんによって異なるお口の中の状態に合わせ、効果的な予防処置を提供します。ブラッシングのコツや歯ブラシの選び方など、わからないことがあれば何でも歯科衛生士にご相談ください。

専門的なクリーニングで歯を自然な白さに ~PMTCのすすめ~

専門的なクリーニングで歯を自然な白さに ~PMTCのすすめ~

お口の中をすみずみまできれいにするには、専門的なクリーニング「PMTC」が必要です。これは、歯科の専門家(P:プロ)が専用の器具(M:メカニカル)を使って歯(T:ティース)をきれいにするクリーニング(C)の略。ブラッシングではどうしても落とし切れない、歯と歯、歯と歯ぐきの間に残っているプラーク(歯垢)や歯石を、徹底的に取り除く処置です。

効果1 効果2 効果3
細菌の棲みかとなるプラークや歯石が取り除かれ、虫歯・歯周病の発症・再発を予防できます。 軽度の着色汚れが取り除かれ、自然な歯の白さを取り戻せます。 口臭の原因には、プラークや歯石のほか、歯周病も挙げられます。お口の中をきれいにすることで、口臭予防につながります。

南青山アイリス歯科の予防歯科メニュー

定期検診
定期検診 虫歯や歯周病ができていないか、何か異変はないか歯科医師が定期的に診察します。痛みなどが出る前から行うことで、早期発見・早期治療につなげます。
PMTC
PMTC 専用の器具を使って歯と歯、歯と歯ぐきの間に入り込んだ汚れを、徹底的に取り除く処置です。ブラッシングをしてもどうしても落とし切れない汚れがなくなり、虫歯予防につながります。
ブラッシング指導
ブラッシング指導 ひとり一人のお口の状態に適した、正しいブラッシング方法を指導します。歯ブラシの選び方から、持ち方、動かし方など丁寧にお教えします。毎日のケアの効果的なものにしましょう。
フッ素塗布
定期検診 虫歯への抵抗力を高める成分を持つフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。定期的に行うことで、虫歯に強い歯にすることができます。ごく初期の虫歯であれば、これによって再石灰化が促され、治癒するケースもあります。
生活習慣の指導
生活習慣の指導 食事やブラッシングのタイミング、睡眠のとり方、喫煙習慣など、生活習慣はお口の健康と深く関わっています。生活習慣を伺い、必要があれば改善に向けた指導を行います。

南青山アイリス歯科の診療のご予約はこちら