小児歯科

お子さんの健康な歯のために

「大切なお子さんの歯、虫歯から守ってあげたい」というのが、ご家族の想いではないでしょうか。しかし子どもの乳歯はやわらかく、虫歯になりやすい歯。まだ自分でしっかりケアができないお子さんの歯は、ご家族の方が注意してあげることが必要です。港区南青山の歯医者「南青山アイリス歯科」の小児歯科では、お子さんの大切な歯の健康をお守りするサポートをいたします。

虫歯になりにくい習慣づくり

虫歯は、プラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌が食べカスに含まれる糖分を栄養にし、歯を溶かす酸を放出することで発症します。しくみがわかっているため、日ごろの習慣に注意することで予防につなげることが可能です。次に挙げるポイントを押さえ、虫歯になりにくいお口の環境をつくってあげましょう。

POINT1

POINT1おやつは時間を決めて

おやつは時間を決めて

POINT2

POINT2虫歯になりにくいおやつを

虫歯になりにくいおやつを

おやつをちょこちょこ食べ続けている習慣があると、お口の中はいつも汚れた状態に。虫歯になりやすい環境ができてしまいます。おやつは時間を決め、お口の中を休ませる時間をつくりましょう。 キャラメル・ラムネ・アメ・チョコレートなどは、糖分が多いうえに歯につきやすく、食べるのに時間がかかるおやつは、虫歯リスクを高めてしまいます。できるだけ糖分が少ないものを選ぶようにしましょう。

POINT3

POINT1おやつは時間を決めて

食べたらブラッシングを

POINT4

POINT2虫歯になりにくいおやつを

定期検診を忘れずに

食事やおやつの後には、できるだけすぐにブラッシングしましょう。外出時などで難しい場合には、口をゆすぐだけでもするようにしましょう。 定期的に予防処置を受けることで、歯の健康を維持することができます。またお口の中の変化は、ご家族の方でもなかなか見つけにくいものです。定期検診で医師のチェックを受け、早期発見・早期治療につなげましょう。
仕上げみがきが大切!

仕上げみがきが大切!

小さなお子さんは、まだ自分でお口の中をしっかりみがくことができません。できれば小学生のうちは、ご家族の方が仕上げみがきをしてあげましょう。

仕上げみがきのコツ

コツ1 コツ2 コツ3 コツ4 コツ5
ヘッドの小さな歯ブラシを使う。 歯並びに合わせ、丁寧にゆっくりみがく。 膝に頭を乗せ、頭の上のほうから覗き込んで、歯の裏側までみがく。 「左下の奥歯から」など順番を決め、みがき残しのないように注意する。 生えたばかりの6歳臼歯は溝が深く、虫歯になりやすいためとくに注意する。

こんなクセ、お子さんにありませんか?

日常の何気ないクセが、歯並びを乱す原因になっていることがあります。次に挙げるクセがお子さんにはありませんか? 思いあたるものがあれば、できるだけ早く直してあげましょう。

指しゃぶり
指しゃぶり
5歳をすぎても指しゃぶりをしていると、「出っ歯」の原因になることがあります。
タオルを咬む
タオルを咬む
上下の咬み合わせが悪くなってしまうことがあります。
爪を咬む
爪を咬む
硬い物を常に咬んでいる状態になり、歯や歯ぐきに負担をかけて歯並びを乱してしまうことがあります。
唇を咬む
唇を咬む
上唇を咬んでいると「受け口」に、下唇を咬んでいると「出っ歯」になることがあります。
頬杖
頬杖
顎の骨や顎関節に負担がかかりすぎて、顎をゆがませてしまうことがあります。
口呼吸
口呼吸
舌の位置が定まらず、まわりの歯を押すなどして「出っ歯」や「開咬(かいこう:奥歯を咬み合わせても閉じない歯並び)」を招いてしまうことがあります。
歯を舌で押す
歯を舌で押す
歯並び全体を乱してしまうことがあります。
丸飲み
丸飲み
食べ物を咬む刺激が顎の骨に伝わらず、顎が正しく成長しないことがあります。

南青山アイリス歯科の予防メニュー

シーラント
シーラント 奥歯にある複雑で深い溝を、レジン(歯科用プラスチック)であらかじめふさぎ、食べカスを入りにくくして虫歯を予防する処置です。生え替わったばかりの永久歯の奥歯や、6歳臼歯にも効果的です。
フッ素塗布
フッ素塗布 虫歯への抵抗力を高める成分を持つフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。定期的に行うことで、虫歯に強い歯にすることができます。ごく初期の虫歯であれば、これによって再石灰化が促され、治癒するケースもあります。
PMTC
PMTC 専用の器具を使って歯と歯、歯と歯ぐきの間に入り込んだ汚れを、徹底的に取り除く処置です。ブラッシングをしてもどうしても落とし切れない汚れがなくなり、虫歯予防につながります。
ブラッシング指導
ブラッシング指導 子どものお口の中は、成長に伴いめまぐるしく変化します。そこで、一人ひとりのお口の状態に適したブラッシング方法を指導します。ご家族の方には、仕上げみがきのコツをお教えしますので、毎日きれいにしてあげてください。

マタニティ歯科について

マタニティ歯科について

「妊娠したら、歯科治療は受けられない」と思っていませんか? そう誤解し、来院を迷われている方は少なくありません。しかし、妊娠中は日ごろよりもお口の環境が悪化しがちになるため、一度検診を受け、必要であれば治療を受けたほうがいいのです。

ただし、妊娠初期と後期は歯科治療には適していないといえます。安定期に入ったら、一度お口の中を見せにお越しください。

妊娠することで起きるお口の中の変化

女性は妊娠すると、次のような変化が起きお口の環境が悪化します。日ごろより注意して毎日のケアを心がけましょう。

つわりの始まり ホルモンバランスの変化
つわりが始まると、それまでのように食事ができなくなり、少しずつだらだらと食べる状態になることも少なくありません。また歯ブラシを口に入れることさえ辛くなるなど、虫歯になりやすい環境がつくられてしまいます。 女性は妊娠すると、女性ホルモンの分泌量が増加します。女性ホルモンの影響によって歯周病菌が増殖し、歯周病のリスクを高めてしまいます。
唾液の分泌量の減少 免疫力の低下
妊娠すると、唾液の分泌量は少なくなる傾向があり、自浄作用が期待できなくなります。それによって歯の再石灰化が遅れて、虫歯ができやすくなってしまいます。 免疫力が低下すると、お口の中の細菌が繁殖しやすくなります。その結果、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
妊娠性歯周炎にご注意

妊娠性歯周炎にご注意

妊娠中にかかる歯周病を「妊娠性歯周炎」といいます。妊娠性歯周炎は、お母さんのお口の健康を脅かすだけでなく、お腹の中の赤ちゃんにも悪影響を与えることがわかっており、注意が必要です。

歯周病菌がお口の中から血管をとおって子宮に到達すると、赤ちゃんの成長を妨げるほか、子宮の筋肉に影響して陣痛のような状態を招くことがあるのです。その結果、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまいます。お母さん自身はもちろん、大切な赤ちゃんの健康のためにも、妊娠性歯周炎に注意しましょう。

南青山アイリス歯科の診療のご予約はこちら